何これ?ドットコム

気になるナニコレな出来事を全力でまとめます!

アメリカにおける無神論に関する10の誤解

   

アメリカにおける無神論に関する10の誤解

00_e

 無神論とは神の存在、意思の介在などが存在しない、または不要であるとする考え方である。よく無神論と無宗教が混同される場合があるが、無宗教とは宗教的主張がないことであり、神の存在を必ずしも否定するものではない。
 
 海外では日本は無神論者が多い国と認識されているようだが、実際には神道における「八百万の神々」が潜在的に根付いており、どちらかというと多神論的な環境にある。

 このように無神論は宗教との兼ね合いで語られるため、数々の誤解が生じているようだ。特にキリスト教の信者が多いアメリカでの無神論に関するよくある誤解がまとめられていたので見ていくことにしよう。

続きを読む

 - 未分類

×
アルダラクリーム